メンバー紹介

研究員

西林 レオ竜起

西林 レオ竜起

(にしばやし レオりゅうき)

【学位】
博士(心理学) パリデカルト大学
【専門分野】
発達心理学、言語心理学
  • このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  • 研究の興味
  • プロフィール
  • 論文・発表

語彙獲得の第一段階は単語の切り出し

単語が単独で発されることはあまりありませんから、語彙獲得にはまず音の連続である発話から単語を切り出すことが必要です。しかしこれは簡単なことではなく、赤ちゃんたちは、言葉のリズム的要素(韻律)、遷移確率や音声情報 (子音や母音)などの手がかりを利用します。そしてこの切り出した音のまとまりが音声学的により詳しく分析されて認識されるのです。

行動的指標と生理的指標を併せて調べていきます

12か月未満の赤ちゃんが母国語を習得する際、どのようにして韻律情報(リズムやアクセントなどの手がかり)や音声的手がかりを処理しているのかを、行動科学的手法(例:選好振り向き法)や電気生理学的手法(例:脳波)を使って解明します。