メンバー紹介

研究員

member pht39

高橋 美樹

(たかはし みき)

【学位】
博士(理学) 千葉大学
【専門分野】
動物行動学、認知科学
  • このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  • 研究の興味
  • プロフィール
  • 論文・発表

発声学習の生得的要因と進化

私たちヒトの言葉は、いくつかの音声を並び替えるだけで、いくらでも新しい意味を伝えることができます。このような特徴は、ほかの動物の音声にはないものですが、同時に言葉もコミュニケーション信号の一種であり、動物の音声との共通点も多いのです。動物の音声は、生得的に発声できるものが大半ですが、中には後天的に学習ができるものもあります。聞いただけの音声を発声できるようになる学習を発声学習といいます。ヒトの言語獲得やオウムや九官鳥がヒトの言葉を真似するのも発声学習といえます。私は、これまで小鳥(ジュウシマツ)のヒナがお父さんのうたう歌をどのように学習するのか、歌学習の発達過程と進化的要因について研究をしてきました。歌の学習は、どのような歌を聞いて育つのか環境が与える影響と学習を円滑にするための生得的な準備の影響を受けます。これまでの研究で、生得的な準備は、進化の過程で変化していくことがわかっています。ヒトの言語獲得にも、進化の過程で獲得した生得的な準備があるはずです。私は、ヒトの赤ちゃんがどのような準備を持って言葉を獲得していくのか、言語獲得のメカニズムについて生物学的な側面とヒトの言語特異的な側面の間をつなぐような研究をしたいです。