メンバー紹介

研究員

member pht09

山根 直人

(やまね なおと)

【学位】
博士(教育学) 東京学芸大学
【専門分野】
発達心理学、音楽心理学
  • このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  • 研究の興味
  • プロフィール
  • 論文・発表

乳児の音楽獲得

 音楽は乳幼児にとってはとても身近なもので、言語の獲得と同様に特別な訓練を受けなくとも、自然と音楽的な知識を獲得していきます。この自然と獲得されていく乳児の音楽性に焦点を当てて、乳児がいつごろから、どのような音楽的能力を獲得していくのか、またどのような音楽表現をするようになるのかについて、聴取と再生の両側面から検討しています。


言語の韻律と音楽の旋律処理の発達

 われわれ成人や保育者は乳児に対して、成人向けとは異なる音響的特徴で話しかけることが様々な言語や文化で認められています。その際の韻律はしばしば「メロディアス」と表現され、音楽的な要素を多分に含んでいます。一方、お父さんやお母さんが乳児に歌いかける様子も文化を問わず見られます。では乳児はこのような、話しかけと歌いかけを生まれながらに区別しているか、それとも、最初は同じように扱い、発達に伴って徐々に分化させていくのかについて、言語の韻律に対する乳児の反応と音楽の旋律に対する反応を比較して、検討してます。