メンバー紹介

研究員

柴田 奈津美

柴田 奈津美

(しばた なつみ)

【学位】
博士(学術) 東京大学
【専門分野】
言語学、言語獲得
  • このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  • プロフィール
  • 研究の興味
  • 論文・発表

プロフィール

  • 2017-現在
  • 理化学研究所 脳科学総合センター 言語発達研究チーム 研究員
  • 2015-2017
  • 東京大学大学院総合文化研究科 学術研究員
  • 2013-2017
  • 理化学研究所 脳科学総合センター 言語発達研究チーム テクニカルスタッフ
  • 2009-2010
  • 香港中文大学 呉多泰中国語文研究中心 名誉研究員

子供の文理解

 大人になってから外国語を勉強してもなかなか上達しない、という経験をした人は多いのではないでしょうか。言語は、文のレベルだけではなく、語のレベル、音のレベルにもルールがあり、とても複雑な体系を成しています。 小さな子供は、このような複雑な体系である言語のルールを明示的に教わることなく、周りの人の発話を聞いて、数年の間に母語を自然と身につけていきます。 しかし、大人と同じ言語知識を持った子供でも、ある種の文に対して、大人と異なる理解を示すことがあります。そういった現象に対して、子供が大人と異なる理解を示す原因を追求することで、子供の言語の発達と他の認知機能との関連を明らかにしていきます。

論文

Shibata, Natsumi. (2016). Japanese Children’s Scope Interpretation Revisited. The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers IEICE Technical Report, 116(159), 25-30.

Shibata, Natsumi and Jun Yashima (2014). Reference-Set Computation in Children: Mandarin-Speaking Children’s Pronoun Interpretation in Avoid Pronoun Contexts. Language Acquisition 21(3), 304-315.

柴田奈津美 金蘭 広瀬友紀 (2013) 日本語の関係節処理における線形的距離の効果について. 『電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語』113(174), 25-28. 一般社団法人電子情報通信学会.

発表

Shibata, Natsumi (2016) Japanese Children’s Scope Interpretation Revisited. The Thought and Language/the Mental Architecture of Processing and Learning of Language 2016. The Waseda University. Tokyo.

Yashima, Jun and Natsumi Shibata (2011) Reference-Set Computation and Referential Identification in Child Mandarin. The 5th International Conference on Formal Linguistics, Guangdong University of Foreign Studies, China.

Yashima, Jun and Natsumi Shibata (2009) Elliptical vs. Pronominal Reference in Mandarin Chinese. The 11th International Pragmatics Conference. The University of Melbourne, Melbourne.

Shibata, Natsumi, Yasutada Sudo and Jun Yashima (2007) On Apparent DOR Violations in Chinese and Japanese Resultative Compounds. The 6th GLOW in ASIA Conference. The Chinese University of Hong Kong. Hong Kong.

ページの上部に戻る