日本学術振興会 特別推進研究 アジアと欧米:コミュニケーションの文化差から言語の獲得過程を探る日本学術振興会 特別推進研究 アジアと欧米:コミュニケーションの文化差から言語の獲得過程を探る

Introduction

言語も文化も異なるアジアと
欧米の6言語の比較を通して
乳幼児の言語獲得メカニズムを
解明したい。

乳幼児はどのようにして周りの大人が話している言語に興味をもち言語を獲得していくのでしょうか?

世界には様々な特徴をもつ言語が存在します。
言語によって、語順などの統語的特徴、語彙の特性、
母音や子音の種類や韻律などの音韻的特性など多くの
違いがあります。
けれども、乳児はどの言語環境に生まれても生後数年の間に自然に母語を話すようになります。

このような、自然な言語の獲得はどのようにして可能になるのかを研究します。

研究代表者
理化学研究所 脳神経科学研究センター 
言語発達研究チーム 
チームリーダー
馬塚れい子

Project

JEWEL プロジェクトでは、従来研究を牽引してきた英語やフランス語のような欧米言語と日本語、韓国語、中国語、タイ語のようなアジアの言語には、統語や音韻体系などの言語特性意外にも、乳児が言語を学ぶ主たる環境である母子間のコミュニケーションスタイルにも文化差があることに注目し、これらの6カ国の言語を学ぶ乳児とその母親を総合的に観察、比較することで解明しようとしています
(表1)。

  • 行動実験で、乳児の音声発達過程の言語差を調べる。

  • 母親と子供の対話のスタイルの文化差を調べる。

  • 行動実験や、眼球運動測定実験で、母子のコミュニケーションから、乳児はどのような情報に注意を向けているのかを調べる。

Research Team

国際共同研究拠点

海外研究協力者

Youngon Choi(Chung Ang University)

Alejandrina Cristia(ENS)

Henny Yeung(Simon Fraser University)

Leher Singh(National University of Singapore)

Chutamanee Onsuwan(Thammasat University)

Judit Gervain(Università di Padova/ Dipartimento di Psicologia dello Sviluppo e della Socializzazione)

国内研究チーム

言語発達研究チーム(理化学研究所)

辻 晶(東京大学国際高等研究所)

*山口 真美(中央大学)

窪薗 晴夫、小磯 花絵(国立国語研究所)
田中 章浩(東京女子大学)
石原 尚、*浅田 稔、*吉川 雄一郎(大阪大学)
宇都木 昭(名古屋大学)
酒井 弘(早稲田大学)
川原 繁人(慶應義塾大学)
*高田 三枝子(愛知学院大学)
(*研究協力者)

お問い合わせ

メールでのお問合せ

llds.cbs[at]riken.jp

※[at]は@に置き換えてください

TEL&FAXでのお問い合わせ

048-467-9222